WI-1000XM2を購入した

f:id:suits:20191204135510j:plain

www.suitsstyle.com

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンは,二つ使用している。

WI-C600Nは移動時に使用し,WI-1000Xは職場に置きっぱなしにしている。

完全ワイヤレスのWF-1000XM3がでているのは知っていたが,電池の持ちが私の要求水準に届いていなかったので購入を見送っていた。

f:id:suits:20191204135005j:plain

WI-1000Xの性能がかなり良いので,これでネックバンド部分がシリコンならばと思っていたら,そのままの製品がWI-1000XM2として発売が発表された。

どこで買おうか迷ったが,ソニーストアで予約すれば発売日に間違いなく届くだろうということで予約したところ,本日届いた。

 

f:id:suits:20191204135216j:plain

f:id:suits:20191204135510j:plain

携帯用ケースにイヤープラグがセットになっている。

f:id:suits:20191204140123j:plain

f:id:suits:20191204135434j:plain

左からWI-C600N(35g),WI-1000XM2(60g),WI-1000X(73g)。

WI-1000XM2はWI-C600Nと比べれば大柄だが,ネックバンドなので特に気になることはない。WI-C600Nではちょっとバッテリーが足りないなということもあったので,バッテリーの容量増加は歓迎できる。

アンドロイド端末との接続だが,標準Bluetoothで接続しようとしたら,アプリでの接続を促された。

play.google.com

f:id:suits:20191205010612j:plain

ノイズキャンセリング機能はかなり強力で,非常に満足している。

音質についてはWI-1000Xと同等かそれ以上。音楽のかなり細かい音までよく聞こえる。

f:id:suits:20191205010629j:plain

f:id:suits:20191205010633j:plain

ノイズキャンセリング機能については,完全なノイズキャンセリングか外音取り込みレベルの設定ができる。ただ私の感覚では,外音取り込みにするとやや不自然に人の声が聞こえるので,レベル0のノイズキャンセリングに設定している。

ネックバンド部分がシリコン素材になったので,鞄の中にも収まりが良くなった。駆動時間も10時間とフライトにも使える長さで,音質については言うことがない。完全ワイヤレスはちょっと,と思っていた人にもおすすめだ。

すし処 古川

f:id:suits:20191109083551j:plain

朝食を食べて,午前中は仕事。

f:id:suits:20191109123935j:plain

昼はすし処 古川へ。やはり友人のおすすめだ。

tabelog.com

f:id:suits:20191109124742j:plain

f:id:suits:20191109132117j:plain

f:id:suits:20191109133211j:plain

f:id:suits:20191109134328j:plain

f:id:suits:20191109135056j:plain

アラカルトで頼んだが,どれも満足できるものだった。

鮨も良かったが,同席した友人はトロよりも鉄火のほうがよかったな,とのこと。帰るだけだったので昼から飲んでしまったが,5,000円ほどだった。

f:id:suits:20191109145322j:plain

沼津から三島までタクシーを使い,新幹線で帰京。東京ですこし買い物をして自宅へ戻った。今回の出張は店がいずれもよかったので,同行者らもかなり満足していたようだ。

沼津出張

f:id:suits:20191108110040j:plain

静岡県の沼津へ出張。

f:id:suits:20191108151320j:plain

数年前から,雨が降らない日は何足かずつあるCity2かPhilip2にほぼなっているので,靴を載せてもという気分になっている。

f:id:suits:20191108110002j:plain

 泊まりがけなので,ブレスの時計を選択。

f:id:suits:20191108151655j:plain

f:id:suits:20191108123434j:plain

昼食は,町中にある店にふらっと入ってみた。

tabelog.com

f:id:suits:20191108192011j:plain

仕事の後,夜は沼津の友人の行きつけの店へ。

chafuka.jp

f:id:suits:20191108193158j:plain

f:id:suits:20191108194828j:plain

f:id:suits:20191108205400j:plain

入手が難しい日本酒がかなりあり,最初から日本酒をいただいてしまう。焼酎も種類があるようだ。当日いきなり入るのが難しい時期もあるようなので,行くならば予約が必要だろう。

f:id:suits:20191108223439j:plain

二軒目も,友人のおすすめ。

www.numazu-bar.net

f:id:suits:20191108223233j:plain

f:id:suits:20191108230932j:plain

一軒目でさんざん飲んでしまったので,こちらでは少しゆっくりさせていただいた。落ち着いたいい店だった。

明日もあるため,日が変わる頃に参会。

TimHoWanで点心を食べる

f:id:suits:20191102162522j:plain

f:id:suits:20191102162646j:plain

新宿へ出かけた。

伊勢丹で英国展をやっていたので,少し覗いてスコーンなどを買い求めた。

スコーンを買うのにも長蛇の列ができていたが,ベノアは日本橋三越に店があるし(通販もしている),ロダスも銀座三越に店がある。イギリスから出店した店はまだわかるが,わざわざ英国展で並ばなくてもというところもあった。

www.benoist.co.jp

 

f:id:suits:20191102191841j:plain

夕食はTimHoWanにした。

timhowan.jp

予約はできないが,新宿店は個室があって室料を払えば部屋を押さえることができる。並ぶのは我慢できないので,室料を払って個室にした。

4人部屋だと4,000円(部屋の定員*1,000円)なのだが,食事代金を考えると高いと思う人がほとんどなのだろう。割とあっさり個室を押さえることができた。

f:id:suits:20191102191838j:plain

f:id:suits:20191102192223j:plain

f:id:suits:20191102192403j:plain

注文するとそれほど時間がかからずに料理が出てくる。

ただ注文してみてわかったが,パクチーが入った点心が意外とある。

チョンファンは,チャーシュー・牛挽肉ともにパクチー入り。

f:id:suits:20191102192908j:plain

f:id:suits:20191102195045j:plain

f:id:suits:20191102195644j:plain

陳皮入り牛肉団子にも,パクチーが入っていた。

嫌いな人はまったく駄目なようなので,店員の方に確認しても良いかもしれない。

f:id:suits:20191102195355j:plain

f:id:suits:20191102195654j:plain

f:id:suits:20191102201704j:plain

f:id:suits:20191102201801j:plain

デザートはキンモクセイとクコの実ゼリー・ココナッツミルク。

いまのところいつも並んでいる印象なので,1時間並んで入るかと言われれば私はやらない。もう少し経てば行列もマシになるのかもしれないが,香港式点心を食べたいのなら選択肢には上がるだろう。