Xiaomi Mi Smart Band4を水泳で使う

昨年3月までどうにも忙しかったのだが,年度明けでようやく落ち着いた。残務処理も梅雨明けには終わったので,昨年夏からワークアウトを再開している。

ワークアウトも継続的にやらないと駄目なので,月間目標を決めた上でアプリで記録を残して管理している。

play.google.com

走るのは好きではないので水泳か自転車なのだが,時間の問題もあり屋内プールで水泳をしている。これだとスマートフォンは当然持ち込めず,自動でログが取れないのため手入力でアプリにデータを入れていた。

しかしきちんとカウントをしているわけではないので,概算でデータ入力となる。もう少し正確なデータを簡易な方法で取得できないかと調べてみたが,当時は水泳に使える丁度良いアイテムが存在していなかった。

f:id:suits:20200106145734j:plain

しかし昨年末にXiaomi Mi Smart Band4が日本でも正式に発売されるということで,発売前に予約をして購入した。水泳でも使用できることを正式に謳っていたことが最大のポイント。

f:id:suits:20200106145953j:plain

Smart Band4本体と充電器,説明書のみのパッケージ。

play.google.com

スマートフォンにMi Fitをインストールして,ペアリングを行う。少し前からGoogleFitはインストールしていたので,連携させてMi FitのデータをGoogleFitに吸い上げて一元管理させる。

play.google.com

小型とはいえガラス製品なので,これだけでは水泳には使えない。

online.konamisportsclub.jp

online.konamisportsclub.jp

リストカバーを購入して,Mi Band4をカバーして使用することとした。周長を図ったところ,私はLサイズが適切だった。また1レーンを往復する場合は,すれ違わない側の腕(右側通行なら右腕,左側通行なら左腕)の内側に液晶部分を向けて他人にぶつからないように対策をしておく。

f:id:suits:20200112193034j:plain

カバーをつけるとこのようになる。カバーをつけておいた方がMi Band4にかかる瞬間的な水圧も和らぐ効果が見込めそうなので,つけておいたほうが故障のリスクも減らせるかもしれない。

f:id:suits:20200112193145j:plain

ワークアウトが終わったところ。これまで概算で計算していた距離とおおむね一致しているので,割と信用性は高そうだ。

f:id:suits:20200113005313j:plain

後でアプリから確認したところ,細かいデータも拾われていたので真面目にやる人にも有用である。

週に一度程度の充電で使用できるし,非常に軽量なので使いやすい。一日中つけるようにしているが,以前から多少の距離なら歩くように心がけてはいたが,データを見ると実際毎日よく歩いていることが発覚した。また睡眠時間のログもとるようにしたところ,薄々気がついていたがこちらはもう少し睡眠時間を確保した方がよいな,ということがはっきりしたので気をつけるようにし始めた。

何かをやるためにはまず現状把握が必要となるが,安価でかつ現状把握のためのアクティビティトラッカーとしては必要十分。AmazonからXiaomiの日本語版が購入でき,正規保証もついているため安心して使えるだろう。

サフィール カラー補修クリーム レノベイティングで靴に色を入れる

先日,鞄に無色のクリームを入れたが色が結構落ちていることに気がついた。

www.suitsstyle.com

靴クリームは色が落ちるので使えなかったので,調べたところサフィールからカラー補修クリーム レノベイティングというものが発売されていたので購入した。

チューブと瓶とあったが,何かと使ってしまうだろうから瓶を購入。

f:id:suits:20200111142053j:plain

鞄に塗布した後,数時間置いてから豚毛のブラシでならしたところ大分綺麗になった。

浸透力が強く色落ちしないということなので,手持ちの靴にも色を入れることにした。

f:id:suits:20200112132750j:plain

大塚製靴の靴は,雨の日用にしているのでどうしても色が抜けやすい。靴クリームで補色をしてもまた色抜けしてしまうので,少しずつ全体がくすんできたような感じになってしまっていた。

f:id:suits:20200112231449j:plain

色が抜けているところはレノベイティング補修クリームを多めに入れ,全体にも塗布して数時間置いてから,豚毛のブラシで余分なクリームを飛ばす。

f:id:suits:20200112231805j:plain

色抜けが発生していたところが何カ所かあったが,きちんと色が入っている。普段の手入れは靴クリームでよいが,色抜けが目立つ靴はレノベイティングで補色をすることにしよう。

鞄とポケットチーフの手入れをした

f:id:suits:20200101162005j:plain

革鞄の手入れをした。

f:id:suits:20200102223417j:plain

中身を取り出して,内側にたまっている細かなゴミなどを取り除いて,全体にクリームを入れた。ただもしかするとクリームを入れる頻度を上げておいた方が良いかもしれない。

www.ohbacorp.com

ライトダレスは大きすぎず小さすぎず,使い勝手が優れているのでかなり気に入っている。

f:id:suits:20191229124353j:plain

それとポケットチーフをまとめて手洗いして,アイロンをかけた。

f:id:suits:20191229125851j:plain

TVフォールドで挿しっぱなしにしているが,汚れがついてしまうようで定期的に洗濯が欠かせない。

その昔,はじめてポケットチーフを挿したときには他人からどう見られているのだろうと気にはなった。しかし挿しはじめてから一ヶ月ほどたっても誰からも何も言われなかったので,人の格好など細かく気にしている人間はいないのだなと気が楽になった覚えがある。

すぐに気がつかれることはないが,白のポケットチーフを挿しているだけで全体が締まることは間違いない。ポケットチーフはたいした値段ではないが,スーツスタイルの底上げには大変有用であるためパフォーマンスの良い小物だと思う。

レベルソの両開きDバックルをバンビの片開きに変更した

f:id:suits:20191221213946j:plain

レベルソトリビュートデュオはステンレスということもあり使いやすいのだが,一つだけ気になっていることがあった。

f:id:suits:20191201203038j:plain

純正の両開きDバックルの作りが少し甘い。

f:id:suits:20191201203259j:plain

工具なしで交換可能ということが売りの純正Dバックルだが,ベルトに固定する側がときどき動いてしまう。この部分が動くとDバックルを閉じたときにうまく嵌合できない。また最悪時計が脱落することもあり得る。

ただし念のため書いておくと,クオーツのレベルソに付属している同機構のDバックルはあまり気にならないようなので,個体差の可能性がある。

装着しているときは動くようなことはないが,腕に嵌めるときに動いてしまったりすることがたまにあったたため,いまいち好きになれなかった。

f:id:suits:20191201203359j:plain

ベルト幅18mmのジャガールクルト純正片開きDバックルがないかchrono24などを探してみたが,16mmなどは販売リストにあるが18mmは見当たらない。

ネット上では18mmのジャガールクルト純正片開きDバックルが売買された形跡があったが,いろいろ調べてみるとレベルソ用ではなくポラリス等のラウンド型時計に付属していたバックルではないか?と推測される。

その後,伊勢丹のジャガールクルト販売ブースと銀座のジャガールクルトブティックで18mmの片開きDバックがないか聞いてみたが(以前は片開きDバックルしかなかったことがわかっている),現行はすべて両開きで片開きは補修部品としてもないという回答であった。

当面の間は純正Dバックルが入手できる目処が立たないので,片開きで評判が良いバンビのDバックルを購入した。

f:id:suits:20191201203615j:plain

純正Dバックルは工具なしで外せるが,バンビのDバックルはバネ棒外しが必要になる。

手持ちのベルジョンのバネ棒外しを使用して,Dバックルを取り付ける。Dバックルをつけたり外したりすることはほぼないので,工具を使わないと外れない一般的な機構に安心感を覚える。

f:id:suits:20191201203912j:plain

無事に取り付け完了。嵌めるときには押し込めば良く,外すときにはプッシュボタンで外す機構になっている。手持ちの片開きバックルはすべて弾性を利用して嵌め外しをするタイプなので,少し新鮮ではある。

とはいえ機械的な機構を使用せずに弾性のみで嵌め外しをするタイプは,嵌めた後に保持する部分の金具の調整がきちんとしていないと,嵌めたときの感触がなかったり,逆に硬すぎて外すのに力がいるものがあるなど,品質にムラが出がち(パテック,ショパール,ランゲという一流どころでこの程度)。機械的に嵌め外しをするこちらのほうが安定するから良いのかもしれない。

18mmの純正Dバックルは気長に探してみるつもりだが,バンビのこのバックルは非常に安価であるにもかかわらず高品質なので,もしかするとこのままということもあるかもしれない。