Choprd ショパール L.U.C 16/1860/1 レビュー

f:id:suits:20180520123542j:plain

Choprd ショパールの初代L.U.C 16/1860を一言で表すならば,「妖艶」だろう。

かなりマニアックな時計だが,以前のリファレンスであれば大台を下回る価格でも入手可能で,かつ出来は素晴らしく良い。

シンプルなラウンドのドレス時計を探しているのであれば,候補に入れるべき時計だ。

 

パテックフィリップの時計はよいと思っていたリファレンスを手に入れてしまい,A.ランゲ&ゾーネの時計もランゲ1に続いて剣針でシンプルな1815も入手した。

すでにオーデマピゲ ロイヤルオーク,ヴァシュロンコンスタンタン オーバーシーズも手元にあり,レクタンギュラーケースのレベルソもある。

ほぼ自分が考えていた時計が揃いきったため,後回しになっていたショパールのLUCシリーズを探し始めた。実物は残念ながら見たことがなく,写真だけでしか確認できていなかったが,好みなんだろうなという感触はあった。

サイズを37mm前後と限定すると,必然的に初代LUC 1860が候補として上がってくる。すでに廃盤となっており,国内では何度か中古で出回っているようだが数はかなり少ない印象。

 

しかしショパールの時計はかなり情報が少なく,手元の雑誌やネットで調べてみたが初代LUC 1860についてもいまいちはっきりしない点がある。

簡単にわかったことだけまとめて書いておこう。

・初代1860は,最初にハンターケース付きのL.U.C 16/1860/1が各色100個限定で作成された。Pt(プラチナ)・WG(ホワイトゴールド)・YG(イエローゴールド,ただしRG(ローズゴールド)でYGに近い色だったとの情報あり)があることははっきりしているが,PG(ピンクゴールド)もあった? しかしどうも発注されてからケースを作成するなりの手法をとっていたとの情報もあり,実際に各色100個作成されたかは不明。

・ハンターケースは不具合があったので,シースルーバックの時計となったという話がある。ただし具体的な不具合がよくわからず,その後もハンターケース付きの時計を新作として出していることから,当初から100個限定なだけだった可能性もある。

www.hodinkee.com

www.ablogtowatch.com

・ハンターケースでないケースの時計のリファレンスはL.U.C 16/1860/2。

・リファレンスの1860は1860本限定という意味らしいが,各色1860本なのか,すべてを通して1860本なのかは不明。何本まで実際に作成されたのかもわからない。

・L.U.C 16/1860/1およびL.U.C 16/1860/2のムーブメントは,1.96(ジュネーブシール・C.O.S.Cあり)ないし3.96。どちらが搭載されているかは,ムーブメントにジュネーブシールがついているかで判別できる。

・文字盤はMetalemが製作。Philippe Dufour,A.ランゲ&ゾーネの文字盤製作も行っている。

www.watchprosite.com

・Philippe Dufourの時計を見る限り,現在のLUCもMetalemが文字盤を作成している可能性は高いように思う。文字盤の雰囲気が変わっていない。

www.hodinkee.com

・文字盤は,ホワイト(シルバー),ブラック,ブルー,サーモンピンクが確認できる。ケース素材と文字盤の組み合わせが限定されているようでもない。発注時にケース素材と文字盤の色を指定できていた可能性は高いように感じる。

 

ということで,例のごとくChrono24で物色し始める。

ケースはWGかPt,ムーブメントを1.96として探すとこれまた数が少ない。個人出品だと100万円を切るかなり安価なものもあったが,不鮮明な写真を見る限りムーブメントは3.96のようだった。

まぁ不鮮明な写真のものは高くすると買い手がつかないから,あえてそこで安く買うという手もあるが,今回は該当機種ではなかったのでその手段はとらなかった。

最終的に,WGで文字盤は青のものがよいだろうと思って出品者にコンタクトをとった。ハンターケース仕様(L.U.C 16/1860/1)で,ムーブメントの写真がなかったためその撮影を依頼したところ,快く応じていただけた。

ムーブメントを確認したところ,ジュネーブシール付きの1.96であることが判明。多分,16/1860/1に搭載されたムーブメントは1.96のみなのではないかと思う。

1.96が搭載されている1860はやはり値段が高くなりがちだったが,後述するショパール純正のDバックルが付属していたため,相場よりやや高くてもDバックル代だなということで購入した。だいたい150万円ほどだった。

 

発注してから一週間ほどでFeDexで到着。

https://www.instagram.com/p/Bi3XZM5HxtP/

発注したときには,ホワイトの文字盤のほうが普段使いにはいいのだがモノがないので仕方ない面もあるか,と思ってブルー文字盤は妥協した点だった。

f:id:suits:20180520160735j:plain

しかし手元に来てみたら,このブルーが非常に素晴らしい。明るいところでは爽やかさを感じるブルー,暗いところでは黒にも見えるブルーブラック。針とインデックスとのコントラストがはっきりするので,視認性もかなりよい。

日付表示も,きちんと文字盤に合わせているので統一感が損なわれていない。

f:id:suits:20180520122245j:plain

写真などで見ていたときよりも実物の方が遙かに端正で,かつ文字盤の色味にかなり色気がある。サイズ感も極めてちょうどいい。

f:id:suits:20180520121505j:plain

向かって左から,パテックフィリップ3940Gパーペチュアルカレンダー,L.U.C 16/1860/1,パテックフィリップ5110Gワールドタイム。

L.U.Cの厚さはワールドタイムより薄く,薄いといわれているパーペチュアルカレンダーなみである。この薄さのため,腕なじみは大変よい。

f:id:suits:20180520162634j:plain

ムーブメントには言うことなし。パテックフィリップ・ランゲ並みかそれ以上といっていい。

白銀のローターは,プラチナ製。1.96の中でもケースがプラチナとホワイトゴールドの場合に,プラチナローター仕様となっているらしい。

f:id:suits:20180520121154j:plain

さて,問題の純正Dバックルである。

f:id:suits:20180520121216j:plain

剣先ベルトの付け方が間違っているようにも見えるが,これで正解なのである。

f:id:suits:20180520121205j:plain

剣先ベルトが内側に来る構造のDバックル。

f:id:suits:20180520121556j:plain

f:id:suits:20180520121545j:plain

Dバックルのエンド部分に一つ,内側部分に一つ,二つの突起がありベルトには二つの穴が必要になる。

f:id:suits:20180520121414j:plain

向かって左からショパール,パテックフィリップ,A.ランゲ&ゾーネ,ジャガールクルト。ショパール以外はすべて剣先が外に出る構造で,この構造がDバックルでは一般的だろう。話によるとオメガやカルティエは剣先を外に出さない構造のDバックルだそうだ。

ショパールのこの構造の優位点は,見た目が非常にすっきりすることである。剣先が外に出ない上,定革・遊革がないので,一体型ブレスレットのように見た目に美しい。

欠点はというと,ベルトの位置合わせがかなりシビアなのではないかということと,取り外しの際に剣先ベルトのDバックル結合部分にかなり負荷がかかること,剣先側が内側に来るので人によっては当たりが気になるかもしれないことである。

とにかく見た目・見栄えを最優先にエレガントなDバックルを作ったらこうなった,という見本のようなものである。現状のLUCシリーズのDバックルがどうなっているのかはわからないが,ブランドの方向性がはっきり見えるので面白い試みではある。

ざっとした全体的な印象を書いたが,この時計はかなりのものである。もっと早く手に入れておけば良かったと思うくらい素晴らしい。

ジャンルソーでパテックフィリップとA.ランゲ&ゾーネのベルトを受け取った

https://www.instagram.com/p/BiTaWXungyy/

休みに入ったので,ジャンルソーでオーダーしていたベルトを装着する時計を持って銀座へ。

https://www.instagram.com/p/BiTi9zGnBUB/

 パーペチュアルカレンダーと1815,いずれもイメージ通りのベルトが仕上がってきた。

パテック,ランゲともに純正Dバックル。純正はどちらも片開きなので,12時側を剣先にしてもらっている。

また,先日ベルトを受け取ったパテックフィリップ5035G(年次カレンダー)も,ベルトの向きを逆にしていただいた。

しかしタイミングやその他いろいろ諸条件あったからなのだが,保有時計が15本になってしまった。置き場所が結構馬鹿にならない問題になってきている。買って不満が出る時計は一つもないので,それはそれで幸せだとは思うが。

十四代を飲んだ

友人からなじみの店で飲まないかと誘われたので,ゴールデンウィークの中日に仕事を早めに終わらせて出かけた。

f:id:suits:20180501202550j:plain

お通しがいきなり蟹。

f:id:suits:20180501202802j:plain

f:id:suits:20180501202956j:plain

十四代の龍の落とし子を出してもらい,早々に飲み切ってしまう。

味は雑味がまったくなくかなりすっきりしていて,水のようにすいすいと飲める。

f:id:suits:20180501211130j:plain

じゃあ次に,ということで十四代の極上に。

f:id:suits:20180501211049j:plain

といってもまたすぐに飲んでしまう。

こちらのほうが明らかにコクがある。このあたりになるとどちらがいいかは好みの問題。

f:id:suits:20180501212652j:plain

大ぶりな鰯をいただきながら,十四代の龍月を昨年末に飲んだ話を聞いたり,次のワイン会で飲むワインの希望を聞いたり。

f:id:suits:20180501220415j:plain

〆は三重の鯖を軽くしめた鮨。これは脂がのっていてまったくにおいもなく,素晴らしい一品だった。

十四代についてもむちゃくちゃなプレミアをつけた値段にはなっておらず,お店で出されたらこれぐらいだよねという金額でお会計。といっても,十四代が普通に手に入る伝手のある店で飲んで,店から信用されている客だから出してもらえるものではあるが。友人が日本酒の入った冷蔵庫を見て飲みたい酒を出して飲んでしまってそれでいいという間柄なので,金では買えないものが介在している。

今回は人数がそれなりにいたためいいペースでいいお酒を飲めたので,大変結構。

ジャンルソーで傷んだ年次カレンダーのオーダーベルトを交換した

https://www.instagram.com/p/Bh8QOOhnNk5/

雨が降ってきたが,霞ヶ関に行く前に時間を作って銀座のジャンルソーでオーダーしていたベルトを受け取った。現時点では発注から10日で完成で質も満足のいくものなので,時間が2~3ヶ月以上かかるカミーユフォルネなどに発注する意味はないと思う。

f:id:suits:20180505210844j:plain

年次カレンダーのこれまで使っていたベルトは記録だと2012年に作ったもの。

www.suitsstyle.com

ジャンルソーでベルト交換作業はしていただいた。カミーユフォルネだとオーダーしたベルト受領の際にベルト交換を断られてかなり難儀したので,もうカミーユフォルネに頼むことはないだろう。

古いベルトは裏のラバーが加水分解で表面がめくれてしまい,かつ革のほうは伸びてしまい竹斑の切れ目に割れが生じてしまっていた。

加水分解はいかんともしがたいが,革が伸びてしまう問題は少し心当たりがあるので改善を図ろうと思う。

f:id:suits:20180505211028j:plain

オーダーなので,小穴はワンホール。

ただ思ったよりも剣先が長かった。5mm短くしてもよかった。

f:id:suits:20180505211031j:plain

いつものとおり定革のみで,遊革はなし。オーダーしてぴったりの長さなら遊びが出ないので,遊びを納めるための遊革は不要。裏地をラバー仕様にしても,遊革があると遊革に汗がたまってしまい不潔なのでその点からも不要だと考えている。

さて写真では6時側が剣先だが,実はベルトの向きを逆に使っていたので後日,再度入れ替えをしてもらった。もともと12時側を剣先で使っていたが,先日メンテナンスに出して返ってきたらベルトの向きが逆になって戻ってきてしまったのだ。

一般的には6時側を剣先にするようだが,私が持っているパテックはすべて12時側が剣先だった。

パテック純正の片開きDバックルだと12時側を剣先にしないとどうも締めにくく,Dバックルがついている時計ばかり買っていたのでそのような向きになっていたのではないかと思うのだが,逆につけられてしまうまでまったく意識したことはなかったので真相はわからない。

いずれにせよ,革ベルトは大切に使っていくのでこれまでのベルトよりも長く使えるのではないかと期待している。

パテックフィリップパーペチュアルカレンダー 3940G

f:id:suits:20180410233318j:plain

先日,某店にパーペチュアルカレンダーが出品されたので即座に購入した。たぶんサイトに掲載された直後に購入したのではないかと思う。

Chrono24なども調べたりしていたが,WGで状態が良く,値段もそこまでべらぼうに高くないという条件ではなかなか見つからなかったが,今回は購入後10年程度で付属品が完品,かつ値段もYG並みだったので現時点では良い条件だったと思う。まぁ私が7~8年前にはじめて見かけたときの値段の1.5倍程度にはなってしまっているが。

いろいろ思うところはあるが,パテックフィリップでは最後の1ピースになりそうな予感。

f:id:suits:20180410233410j:plain

さて,いつもの通りベルトのオーダーからスタートだ。

ワルシャワからA.ランゲ&ゾーネの純正Dバックルが届いた

https://www.instagram.com/p/BhYDpuZHQrK/

ランゲ1,1815共にもともとついているのは尾錠で,ランゲ1はカミーユフォルネのDバックルを使用している。

www.cfjapon.co.jp

カミーユフォルネのDバックルはかなりよくできていて,パチッと気持ちよくセットできるし細身でスタイルも良い。

ただできれば純正Dバックルがあればとは思っていたが,A.ランゲ&ゾーネの純正Dバックルは相当値が張る(イメージとしては40万円~50万円)と聞いてそこまでしなくてもという気持ちの間で揺れ動いていた。

さて先日,海外から時計を買えたのでまたいろいろ調べてみたところ,海外に目を向ければDバックルも場合によっては買えなくもないということがわかった。

検討の末に,ポーランドの業者にコンタクトをとりDバックルを入手した。20万円程度だったので,中古相場でも割安だろう。

メーカー純正Dバックルは,どこのメーカーでもなかなか入手しにくい。装着されている時計を使い続ける限りわざわざDバックルだけ売るようなことはないだろう。尾錠とセットで持ち主が売却した後に,Dバックルだけ本体から分離されて売買ルートにのるくらいなのかもしれない。

A.ランゲ&ゾーネの時計は二本なので,もう一本のDバックルも気長に探してみようと思う。

YogaBookにWindows 10 Fall Creators Update(1709)をUSBメモリからクリーンインストールする(LTEモデルの設定)

YogaBookを出かけるときには必ず持ち歩いており,GoogleDriveとの組み合わせで大変便利に使っている。

しかし,昨年末ぐらいから問題が起きた。まず,Windows 10 Fall Creators Update(1709)をインストールしようとしても必ずインストールに失敗する。WindowsUpdateのメニューにFall Creators Update(1709)も表示されるが,再起動のたびにインストールに失敗する。

失敗するだけならまだいいが,何度も何度もファイルのダウンロードをするためディスク容量をとにかく使いまくる,再起動のたびにインストールを試行するため失敗するまで割と長い時間使用不可になってしまう。

セキュリティソフトの問題でもなく,WindowsUpdateが失敗したときの対策を試してみたり,インストールされているソフトをすべて削除してもインストールに失敗する。メディア作成ツールをダウンロードして,YogaBookの内蔵ディスクから新規インストールしようとしても失敗してしまう。

再起動のたびにどうにもならなくなる時間を過ごすのは耐えられないのと,何か根本的な問題がある様子なので,外部メディアを使用してクリーンインストールをすることにした。

用意するものは三つ。MicroUSBにつながるUSBハブ,USBメモリ,USB接続できるマウスなどのポインティングデバイス。

後述するが,マウスなどがないとインストールが事実上不可能なので,一時的に他のパソコンから拝借するなどして用意する必要がある。

 

まず,メディア作成ツールをダウンロードして,USBメモリにインストールメディアを作成する。

Windows 10 のダウンロード

 

次に,レノボの以下のサイトから一通りデバイスドライバ等をすべてダウンロードして,USBメモリに「デバイス」なりのフォルダを作ってそこにデバイスドライバを保存しておく。

tablets :: yoga series :: yoga book Lenovo PC Support

 

そして,YogaBookの電源を切ってから,USB Hubを接続し,USBメモリとポインティングデバイスを接続する。

f:id:suits:20180227131612j:plain

しかし,このままただ起動するだけだとUSBメモリから起動できない。BIOSでUSBメモリから起動するように設定変更する必要がある。

YogaBookでは,「起動時にPowerボタンとVolumeボタン+側を同時押し」でBIOS設定をすることができる。

f:id:suits:20180227131256j:plain

表示されたBIOS画面。

ここで「EFI USB Device」を選択すると,USBから起動ができる。

USBから起動したら,「新規インストール」を選択してWindows 10 Fall Creators Update(1709)をインストールする。

なお,プロダクトキーの入力部分はスキップしてかまわない。Windows起動時に勝手にプロダクトキーは補完される。

f:id:suits:20180227133754j:plain

インストールの際,タッチパネルとキーボードは使用できなくなる。そのため,USBポインティングデバイスが必須となる。

USBメモリからのクリーンインストールでは,さすがに失敗することもなく一発起動。

 

Windows起動後,保存していたデバイスドライバーをすべてインストールして,各種機能を回復させる。

 

少し手間がかかるのが,LTEの再設定。

まず,以下のドライバをダウンロードして,解凍しておく必要がある。

Mobile ブロード マネージャー Windows 10 (64bit) - YOGA Book (Lenovo YB1-X91F/L)

f:id:suits:20180401212212j:plain

解凍すると現れる,MobileBroadBandManager(.msi)をダブルクリックすれば,LTEモデムのデバイスドライバーがインストールされ,LTEが使えるようになる。

 

ただ,LTEモデムのファームウェアもアップデートしないと3G(384kbps)でしかつながらない場合があるので,LTEモデムのファームウェアもアップデートする。

先ほどダウンロードして解凍した「Mobile ブロード マネージャー Windows 10 (64bit) - YOGA Book (Lenovo YB1-X91F/L)」のフォルダに,「modem_image_01.1633.06_signed.fls」というファームウェアがある。

 

このファームウェアを,「C:\Program Files (x86)\Intel\Mobile Broadband Manager\MBNService\preload_image\」にコピーしておく。

それから,解凍したフォルダの「TLVUpgrade」にある「TLVUpgrade.bat」を実行する。実行するときに,警告が出るが「詳細」から「実行」を選択する。

最新のファームウェアになれば,LTE(300Mbps/50Mbps)で接続されるはずだ。

 

YogaBookでWindows 10 Fall Creators Update(1709)へのアップデートが失敗するのは,インストールされているWindowsそのものに不具合があるのが原因だろう。Update失敗の際に試すこととされていたマイクロソフト純正の修正ツールを何度か実行してみたが,何度やってもおかしなところがあると報告が出ていたので,クリーンインストール以外では解決策はないと思われる。

掲示板などでは,同様にどうやってもアップデートできない方がいるようだが,少し時間をとってクリーンインストールを試してみてほしい。