再録 パテックフィリップ パーペチュアルカレンダー 3940G

パテックフィリップパーペチュアルカレンダー 3940Gを購入してから二年が経った。

www.suitsstyle.com

10年ほど前に実物を新宿で見て,当時は年次カレンダー(Ref.5035G)があるからいいか,と思っていた。しかしコレクションが増えていく中で,タイミングが合えば入手したいと考えるようになり,今は手元にある。

当時はさっと撮影しただけだったので,きれいなうちにきちんと撮影をしておこうと思う。

f:id:suits:20201010220914j:plain

バーインデックスとドーフィン針,基本要素はカラトラバに準じたものだろう。

37mmに端正に要素が詰め込まれ,過剰な印象が全くないところが大変好み。

ドーフィン針は稜線がなく,非常に良く磨かれていて表面はなめらか。

また,長針は先端がわずかに曲げられていて,ドットインデックスを指し示している。

f:id:suits:20201010215923j:plain

右のダイアルの月を示す長針,左のダイアルの曜日を示す長針は,色合いが濃くなっている。はっきりとはわからないが,焼いて茶針にしているように見える。キズミで見ると長針には焼いた痕跡がうかがえる。

長針とは対照的に,左右ダイアルの短針は磨きが入れられ,短針と長針が視覚的に判別できる状態だ。

なお,左右ダイアルの中心円のカシメは青焼きで三層構造。改めて確認すると凝っていることがわかる。

f:id:suits:20201010215644j:plain

裏面はマイクロローターで,磨きと仕上げには言うことなし。

ベルトはいつもの通り,ジャンルソーの時計ベルトだ。

厚さは8mmと驚くほど薄く,下手な三針より軽くてしっくりくる。

サイズアップしてしまった5140はどうも間延びした印象があり,私にとってはこれがベストの永久カレンダーだ。

機構も堅牢で実用的なため,日常使いできる永久カレンダーとしては今後も最高の一本としてあげられるのではないだろうか。

生産は既に終了しているが,それなりの本数が作られたためマーケットには一定数が出回っている。ただYGが主でその他の素材は少数であるため,WGやPtが欲しいのであればじっと出物があるのを待って,見つけたら迷わず買った方が良いだろう。パテックフィリップの出回りにくい時計については,他のコレクターとの競争になることを覚悟しておいた方が良いように思う。