タリアトーレのジャケットが届いた

先日買ったジャケットの直しが終わり,配送されてきた。

www.suitsstyle.com

f:id:suits:20200719225955j:plain

ダークグレイにローズブラウンが入っている。茶と青は組み合わせとして定番なので,ブルーのデニムにちょうどいい。夏でも悪くはないが,どらかというと秋がいいか。

ただ標準でついているピンバッジは趣味に合わない。タリアトーレのジャケット,とすぐにわかるようなものは不要。

f:id:suits:20200718225249j:plain

アンティークのブートニエールを探してみたが,残念ながらeBayでもあまり数がなかった。検索してみたところ,アンティークではないブートニエールを国内で扱っているところを見つけた。それほど高く見ないので,早速注文してみることにした。

boutonniere.shop左から水牛角(ホワイト)の花弁と白蝶貝,水牛角(ホワイトマーブル)の花弁と白蝶貝,黒檀の花弁と茶蝶貝。

f:id:suits:20200719160545j:plain

ラルディーニのブートニエールはフェルト生地。これは水牛や黒檀なので一瞬ラルディーニかと思わせて実は違う。

f:id:suits:20200719230003j:plain

もう1着はややローズが入ったベージュ。

f:id:suits:20200719230013j:plain

こちらはホワイトマーブルをあわせた。

いずれのジャケットもメランジメッシュなのでサマーニットやカーディガンのような感覚で着ることができる。

素材は絹と麻で涼しげながら上品。ただし丁寧に扱う必要はあるだろう。

f:id:suits:20200719230024j:plain

ボタンは暗めのグリーンで光沢あり。練りボタンのようだが,安っぽい感じはなく高級感が漂う。

f:id:suits:20200719225917j:plain

伊勢丹で買ったメランジメッシュの2着とは別に,セレクトショップでオフホワイトのジャケットも購入した。こちらはコットンとウール。

f:id:suits:20200718225546j:plain

ブートニエールはあえてホワイトで。

f:id:suits:20200724220828j:plain

タリアトーレのジャケット,ハイウェストでドロップも強いため確かに癖はある。しかし着心地を考えてショルダーラインをかなり後ろに持ってくるなど,決して色気一辺倒のジャケットではない。

着る機会はすぐには訪れないかもしれないが,手持ちとの服の組み合わせを愉しく考えることにしよう。