伊勢丹で買い物をした

f:id:suits:20200102112249j:plain

昨日は伊勢丹に出かけてきた。

f:id:suits:20200102212917j:plain

例年通り,エディアールとFortnum&Masonの福袋を購入。

f:id:suits:20200102210257j:plain

オフのときなどに使っている鞄がコットン製で,鞄の隅が大分傷んできてしまっていたので,グレーの革鞄を購入。

一泊する程度の荷物は入って,モノを落とさないようジッパーで口を閉じられ,それなりに気室が分けられていて,色合いも黒ではないとなるとなかなか条件に合う鞄がなかった。少し妥協した部分もあるが,これで前の鞄を処分することができる。

f:id:suits:20200102112249j:plain

鞄売り場でだいぶいろいろと見て選んだ後,靴売り場も見てみた。エドワードグリーンやジョンロブ等がある一角はセール時でも人が少ないので落ち着いて見ることができる。

f:id:suits:20200102211033j:plain

あまり買う気はなかったが,City2のスエード靴でサイズがあうものがあったので買ってしまった。

ジョンロブのCity2やエドワードグリーンのChelseaくらいだと,セールの価格であれば関税を考えると海外で買うよりもメリットが出てくる。

Philip2くらいになるとセール価格でも海外との価格差を埋められないくらいになるのでややつらいか。

今回は珍しくジョンロブのChapelの黒と茶がセールに出ていたので,サイズが合えば欲しい方には幸運かもしれない。

www.suitsstyle.com

帰ってきてから靴を数えたところ,廃棄予定の靴を除いて手持ちの靴が55足だった。海外への発注だと自宅で確認してから注文を出すのでモノがかぶったりしない。しかし出かけて買い物をすると意図的に趣味から外れた選択をしない限り持っているアイテムと似たような選択をしてしまう。簡易な方法で良いので,いつでも手持ちの靴や服を確認できる手段を講じておいた方が良さそうだ。

セールで何を買うか

f:id:suits:20200101172241j:plain

明日から冬のセール。

伊勢丹では,靴だとオーツカシンスがセールにかかるようだ。

www.imn.jp

オーツカシンスの靴は原則として新春 / 初夏のセールにしか出さなくなってしまったようなので,日本人の足に合ったきちんとした靴が欲しい,という場合には狙い目だろう。

www.suitsstyle.com

OTSUKA by RULESというより安価な靴もあるかもしれないが,こちらはあまり質が良くない。RULESを二足買うお金でオーツカシンスを一足買った方がよい。

www.suitsstyle.com

安価なものでよいので,シューツリーをあわせておく。

一番最初はオーツカシンスの内羽根ストレートチップ2足(レザーソールとラバーソール各一足),もう一足はパンチドキャップトゥなりプレーントゥなりを選んで,三足を毎日履き替えれば完璧だ。靴用のクリームを買い足しても,三足トータル10万円程度でなんとかなるだろう。

 

スーツやコートは,すでにある程度の数があるならば,セールでは思い切って良いものを一着買ったほうが満足度は高いように思う。人間は比較対象がないとものの善し悪しを判断することが難しいので,値段が高くて質の良いものを一度は購入して自分の中に基準を作っておくことは有用だ。

「良いもの」ではない場合,身につけて気になるところが「自分が気になっている」のか,「商品の質の問題で気になっている」ところなのかわからない。

良いものを買って自分が気になるところ,特に気にならないところの判別ができれば,その後は自分が気になるところがクリアされているものを買うこともできる。

スーツやコートなのであまり奇抜なデザインはないとは思うが,モードに寄りすぎた服はセールで買っても意味がない(セール時にはストリートで「死んでいる」服になってしまっているため)ので,オーソドックスなスタイルのものにしたほうが後悔は少ない。

オーソドックスなスタイルは趣味に合わない,という方は消費のための服飾でスタイルのための服飾ではないから,安価な服を買われた方が良いだろう。といっても,前述したようにセールで買う時点で手遅れという気はするが。

スーツは既製品ではなく,簡易でもいいのでオーダーにするべきだ。そこまで時間はとられないし,値段も既製品とさほどかわらない。

どのくらいの価格帯が「良いもの」といえるかは難しいところがあるが,セール価格で7万円~10万円前後の商品ならば文句はないのではないか。このぐらいだと正価で10万円を超えているから,服としては一般的に見ればかなりの高級品といっていい。

 

そのほか,ネクタイやシャツ,ホーズ(靴下)などは消耗品なので,足りないものを買い足すような感じだろうか。シャツは既製品を買って体のサイズに合っていない人は山のようにいるので,こちらも安価な生地でもいいのでオーダーするべきだろう。サイズの合っていない服は,体に対して負担になるので見た目以外でも悪影響がある。

 

オンの服の話ばかりだが,平日にビジネスをしている方であれば年のうち3分の2の日数は仕事をしているはずだから,被服費予算の3分の2はオンの服に回す必要がある。

オフの服は好きにしてください,となるところだが,最低限パーソナルカラーの把握はしておきたい。

clubd.co.jp

オンライン診断もあるようだが,多少の費用をかけても対面で判断してもらうべきだ。オンライン診断では不正確な判断になる可能性がきわめて高い。自己診断で「似合う色は~色である」という判断をさせるようだが,思い込みで似合う色や自分の肌の色などを選択してしまうことになるので,結論も誤った内容になる。

カラー診断は,必ず第三者による客観的な判断をすべきだろう。「似合う色」は一度わかればその後一生その知識を使うことができる。「似合う色」と「好きな色」は異なっており,「似合って好きな色」を選択するだけで他者への印象は全く違ってくる。

私は相当昔に判断をして貰い,買い物をするときに気に入ったとしても自分に合うカラータイプに含まれていない色合いの場合には買うのをやめるようにしている。

色の判断さえつけば,オフの服は他の要素は完全に好みの問題なので,あとはご随意にというところ。といっても,毎日私服で仕事をしている方なら別論として,スーツを着る仕事の場合には単純計算3分の1しか予算をかける意味がない。季節性の問題もあるので,いったいこの服を年間何日着るのだろう?という視点も予算配分には必要だろう。

具体的には,秋物(3ヶ月)でオフ用(週2日・3ヶ月でオフの日は24日),かつ出かける日数やそのほかの服の着回しを考えるとオフの24日のうち一着を着るのは多くても4~5日ではないかという計算でもおかしくない。1シーズンで使い潰すことはないだろうが,予算が限られているのであればオン/オフ含めてシビアに考えたほうが適正な配分になる。

 

私も明日は出かけてみるが,コート等も十分な数があり,靴も50足を超えてしまって履けない靴が出てきている状況なので,消耗品以外を買うかは微妙なところである。

今年もよろしくお願いします

f:id:suits:20200101171053j:plain

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

https://www.instagram.com/p/B6vOoIZJ9wv/

昨晩は行きつけのバーで日が変わるまでゆっくり飲んでいた。

f:id:suits:20200101171053j:plain

昨年買った時計は,PatekPhilippe 5196G,クロノトウキョウ ベージュ / ブルー。

おととし購入した永久カレンダーと並べてみたが,指向性というか趣味がはっきり出ているように思う。

クロノトウキョウは,ベルトをジャンルソーでオーダーし,カミーユフォルネの両開きDバックルを装着している。

Dバックル ステンレススティ-ル製|CAMILLE FOURNET カミーユ・フォルネ 公式サイト

カミーユフォルネの両開きDバックルは,両開きであるにもかかわらず非常に薄く,高い精度で製造されているため開け閉めも気持ちよい。サードパーティーのDバックルを探しているならお勧めだ。

時計は所有数が20を超えてしまった。営業日だけであればほぼ一ヶ月毎日違う時計をつけることも可能な数で,さすがにそろそろ打ち止めか。

 

時計以外で昨年買ったものでお勧めなのは,超小型ACアダプターと,SONY WI-1000XM2だろうか。

www.suitsstyle.com

www.suitsstyle.com

音楽環境では,自宅で音楽を聴く環境としてFOSTEX/フォステクス HP-A4BLを購入した。

以前からChromecast Audioは持っていて,現在はChromecast AudioとHP-A4BLとを接続しスピーカーで出力している。Chromecast(Ultra)では音楽のみの再生ができず,音楽再生可能なChromecast Audioが生産中止になっていたので予備として1個余分に入手した。

音楽そのものは,曲を買うのも選別するのも時間と労力をかける気がないのでインターネットラジオで済ませている。

www.suitsstyle.com

気分転換が図れる程度に気持ちよく聞ければ十分なので,いまのところこれで満足だ。

ビストロタカでクリスマスディナー

f:id:suits:20191221181810j:plain

クリスマスが平日だったため,その前の土曜日にビストロタカでディナー。

bistrot-taka.com

f:id:suits:20191116180349j:plain

ロイヤルオークエクストラシンの日付を合わせるのはしばらく前から諦めた。日付の早回し機構がなく,竜頭が小さいため日付調整をするのに何度も長針を前後させるのに苦労する。

f:id:suits:20191221183533j:plain

アミューズ,生ハムとセミドライトマトのタルトレットとケークサレ。ケークサレは塩味で温かい。

f:id:suits:20191221184130j:plain

一杯目を飲み終わってしまいすぐに二杯目に。

f:id:suits:20191221184953j:plain

アボカドのムースとコンソメジュレ 柚子の香り。中央にはイクラ,ウニ,マグロ。

ジュレがさっぱりしていて,底にあるアボカドのムースが添えてある海鮮とマッチする。

f:id:suits:20191221191758j:plain

フォアグラのラビオリとホタテのポワレ。

f:id:suits:20191221193849j:plain

栗のスープ珈琲風味。

f:id:suits:20191221201614j:plain

ドーヴァーソール(ドーヴァー産舌平目)のムニエル。舌平目が肉厚でバターソースとの相性が抜群。

f:id:suits:20191221204653j:plain

牛タンの赤ワイン煮。牛タンは非常に柔らかく,かつしっとりしていた。

f:id:suits:20191221211423j:plain

フロマージュをいただいて

f:id:suits:20191221213837j:plain

金柑のコンポート ジャスミン茶風味のジュレとアイスクリーム。

以前出てきたイチゴのデザートもそうだったが,デザートにスパイシーな香辛料が合わさっていて非常にさっぱりする。

f:id:suits:20191221220234j:plain

f:id:suits:20191221220245j:plain

最後にお菓子とエスプレッソをいただいた。

毎年楽しみにしているが,今年も大変満足させてもらえた。シェフ一人,マダム一人の小さなお店で大変そうだが,これからも機会を見つけておいしい料理を食べさせていただきたい。