革ベルト完成

午前中に仕事を終わらせ,オーダー完了の連絡を受けたジャンルソーにベルトを受け取りに行った。

オーダーなのでフィッティングは完璧。

今回は子穴を一つだけにした。オーダーでしかできない方法なのと,他人にはまったくわからない部分なので自己満足の世界だが,それだけに満足感は高い。
また,剣先を納める定革(ていかく)はあるが,剣先を納めるもう一つの移動可能な遊革(ゆうかく)は取り付けていない。これも剣先がぴったりあっていれば不要だと思う。
そして裏地はラバー素材で,汗で革が傷まないようになっている。

ジャンルソーでは,少なくとも本店のオーダーでは作った時点でベルトに丸みがつけられている。まっすぐに作っていると,曲がって使われることで外側部分にストレスが発生して竹斑の部分から割れてしまったりするので,なかなかよいアイディアだろう。

さて,これでワールドタイムも生活の一部を担う時計になった。

旧型なのでサイズ感も私には丁度良く,重宝しそうだ。