大峡製鞄 コードバン長財布


新宿伊勢丹8Fのクリーニングに出していたコートを受け取った。
こちらはウォータークリーニングで,値段も相当高い。料金はコートで7,000円ほどする。

しかし,ドライクリーニングと違い,ウールの油分が抜けないので劣化が目立たないこと,立体的に仕上げるので着心地が軽くなること,場合によっては補色までしてくれる技術力の高さを買って,大切な衣類はこちらで依頼している。

このCOMME des GARÇONSコム・デ・ギャルソンのコートも,7年ほどたっているため擦れて色落ちした部分があったのだが,新品のように綺麗になって戻ってきた。
気に入っている衣類を長く着られるようにしてもらえるのは,本当に嬉しいことだ。

さて,新宿伊勢丹で用事を済ませた後,日本橋三越へ。

大峡製鞄の財布が目当てだ。通信販売も可能だが,やはり現物を見て確認してからにしたい。

大峡製鞄のアイテムは,鞄にしても小物にしてもとにかく供給がタイトなので,見つけたときにすぐ買わないと買えなくなってしまう。意外と日本橋三越には在庫があるので,日本橋に用事があるときは革製品の売り場を覗くようにしている。


また,三越であれば株主優待を使用できるので,だいぶ安くなる。

当初は,現在使っている牛革と同じく,引き続き牛革の長財布を使うつもりだった。

しかし,現物を見たところ,シボ加工があったためパス。私の感覚として,シボ加工がしてあると少しカジュアル感が出てしまうような気がするので。

同じ場所にコードバン製ネイビー色の長財布が置いてあり,店員の方に聞いたところブラックも用意できるとのこと。

在庫を持参してきて貰い,少し見た上で購入した。


コードバンは繊維にそって割れることがあるということ,水にかなり弱いということを聞いていたため敬遠していたのだが,さて。

とはいえ,非常に綺麗で良い買い物をしたという満足感がある。
来年から,大切に使うことにしよう。