伏見稲荷


千本鳥居をくぐって,中腹まで。


日が沈んだ頃に,山を下る。