コバインキを使う

靴は履いているとアッパー以外にもダメージが蓄積してくる。
特に,靴のコバは傷みやすく,意外に目立つ。


Santoniのスエード靴だが,コバ部分の塗装が落ちている。

靴磨きを初めて最初の頃は,クリームで補色していたが,コバの部分の革にはクリームが浸透しにくく,コバインキを購入して今でも使用している。

コバインキは,キャップに塗布用の綿がついているので,取り出すときにインキをできるだけ落としてから使うようにしている。綿を瓶の口の内側に押しつけて,インキを絞るようにして取り出す。
インキの染色力は強力なので,かなり絞ってちょうどいいくらいである。


コバインキを塗って,少し時間をおいて乾かせば綺麗に仕上がる。
乾いた後にワックスを塗るとより長持ちするようだ。

コバのような端の部分は,かなり目につきやすいので十分な手入れが必要と考えている。