John Lobb Philip II ジョンロブ フィリップⅡを履いてみた

一日天気がよいという予報だったので,早速Philip II フィリップⅡをおろした。

足入れに最初やや手間取ったが,履いてしまうと快適この上ない。
私の足には,オーダーして作ったかのようにぴったりだった。

それと不思議なことに,滑らないのだ。
理由はよくわからないが,レザーソールでも滑る気配がない。


City II シティⅡとの比較写真だが,プレステージラインはレザーソールの作りが異なる。
半カラス仕上げになっているだけでなく,立体的な造形が異なるのだ。

通常のラインのCity II シティⅡは一般的な革靴と同様,レザーソールが平板で,つま先から土踏まずあたりの全体で地面を踏むようになる。
しかし,プレステージラインのPhilip II フィリップⅡは,レザーソールの中央部分がつま先まで盛り上がっていて,中心部分のみで地面を踏むことになる。

このためなのかどうなのかはわからないが,排水溝の網の上など滑りやすい場所でもまったくそのような気配がない。
なんだか不思議な感覚ではある。

ただ,これならばラバーの半張りをしなくても良さそうなので,つま先にスチールを打って使うようにしようと思う。

一日履いただけだが,Philip II フィリップⅡを購入して本当によかったと感じている。ここまで良いのであれば,機会があるならあと数足欲しい。