JOHNSTON&MURPHYの靴を処分


10年近く前に購入したJOHNSTON&MURPHYの靴だが,処分することとなった。


ウェルトの部分が傷んでしまっている。


アッパーも,皺が深く入った部分(キャップトゥとの境目近く)に亀裂が入ってしまった。

ソール交換はしていない状態だが,穴が開くまで履くわけにもいかないので泣く泣く処分である。

靴はリーガルが作っているため,靴の前半分が楽な感じで履きやすい靴ではあったが,耐久性の点ではそれなりというレベルだったということだろう。

とはいえ,ローテーションで使っているとはいっても10年近く持ったのであるから,耐久消費財としての耐久性は十分だったと評価できるだろうが。

靴が駄目になってしまう要因はいくつかあり,ソール以外にアッパーが傷む場合は考えつくところだろう。しかし,ウェルトだけが駄目になるということまではあまり思い至らないのではないのだろうか。

靴は長持ちする,とよく言われるがやはりそれなりに使い込めば寿命となる。いくら手入れをしていても永遠に使い続けられるわけではない。