camille fournetの時計ベルト

Patek Philippeのクロコダイル純正時計ベルトを使用していたが,夏を越してかなり傷んできた。

クロコダイルは,痛みがひどくなってくると竹斑の境目部分から割れが生じてきてしまう。

また純正ベルトを買ってもいいが,早期にだめになってしまうと困るので,camille fournetでオーダーをかけた。

オーダーしてから到着まで約三ヶ月。
表はクロコダイル,手首側はラバーにしてもらい,汗で痛まないような作りになっている。

ベルトのサイズも純正品と同じサイズにしたつもりだった。

写真の5035Gでは問題がないが,5134Gはわずかだが時計のラグに隙間が空いてしまった。非常に微妙な差だが,1mmほど5134Gのベルトは太いようだった。2mmだと大きすぎると思われる。Patekのベルトの規格だと19mmはないような気がするのだが。

一本4万円と,ちょっとした靴並の値段ではあったがPatek純正の竹斑は定価で3万円弱なので,camille fournetとの差額は1万円。作りも非常によく,耐久性もあるので相当長期にわたって使い続けられそうだ。使い続けられる期間を考えれば十分元が取れるだろう。